損保ジャパン日本興亜、火災保険事故調査にウェアラブル端末導入

損保ジャパン日本興亜とフレッシュハウスは10月から、火災保険の事故調査と訪問見積もり業務で、ウェアラブル端末(スマートグラス)の活用を開始した。

火災保険事故の現地調査の際にフレッシュハウスの担当者がスマートグラスを装着することで、同社本社の専任オペレーターと対象物件の映像や音声をリアルタイムで共有できる。これにより、画像を見ながらオペレーターが現場担当者に指示を出すことが可能。また送信される映像を利用してオペレーターが保険金請求に必要な見積書作成から見積書提出までの業務が迅速に可能となる。

10月からフレッシュハウスの横浜市の2店舗と福岡市の1店舗の計3店舗で先行導入し、2017年9月までに全店へ導入する計画。

フレッシュハウスは損保ジャパン日本興亜から火災保険の対象となる事故に遭った顧客の紹介を受けて、修繕工事を請け負っている。ただ保険の専門知識が求められることから、対応できるのは一部の社員に限られていた。

そのため、同社では同業務に従事可能な担当者と増やすことと、サービス品質の均質化を図ることが課題になっており、ICT・デジタル技術の活用による課題解決を検討してきた。

専任オペレーターの遠隔サポートにより、経験に左右されない火災保険事故の現地調査業務が可能になるという。また見積書の作成を専任オペレーターが行うことで、損保ジャパン日本興亜に提出する見積書作成のスピードと正確性の向上が図られるため、修繕工事と保険金支払い完了までの期間短縮効果が実現できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. ライフネット生命は 4 月 1 日から、セブン&アイグループの金融事業を担うセブン・フィナンシャルサ…
  2. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  3. 東京海上日動は2020年3月から、国内企業とその国内外連結対象子会社を対象とした、テロ・破壊行為など…
  4. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年4月1日(水)より、主力商品である「未来のとびら…
  5. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  6. 住友生命は3月24日から、同社として初めて、認知症保険を発売する。商品名は「認知症PLUS」。認知症…
  7. 日本生命は4月2日から同社として初めてとなる認知症保険を発売する。認知症の前段階の「軽度認知障がい(…
  8. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
  9. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  10. [caption id="attachment_2373" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る