第一生命が医薬品開発ベンチャーに2億円投資

第一生命は、高度な計算科学技術を用いて新規医薬品開発を行う国内ベンチャー企業のモジュラス(代表取締役 CEO:木村 俊)に対し、ESG 投資の一環であるインパクト投資(運用収益の獲得と社会的インパクト【社会の構造変化など】の創出の両立を意図して投資判断を行う投資手法)として2億円の投資を実施した。

同投資を通じて、高い投資収益を期待するとともに、万人がアクセスしやすい医療の実現(社会的インパクト)が期待されるモジュラスの取り組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングする。

モジュラスは計算科学を用いて低分子医薬品開発を行うベンチャー企業。創薬に計算科学を用いることで、開発期間を短縮するとともに、実験の削減等を通じた開発コストの大幅削減につながる上、画期的な新薬開発が可能になる。

第一生命のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る