東京海上日動とタイムズ24が駐車場シェアで業務提携

東京海上日動は6月23日、タイムズ24株式会社と業務提携契約を締結したと発表した。近い将来、シェアリング・MaaS(Mobility as a Service)社会が本格的に進展することを見据え、タイムズ24の予約制駐車場サービスと東京海上日動の保険・サービス・ネットワークが相乗効果を発揮して新たな価値を提供すること、人と人とが安心・安全に出会ってクルマを利用できる環境を作ることが目的。

具体的には、東京海上日動の顧客や保険代理店を通じて、タイムズ24の予約制駐車場サービス「B」のネットワーク拡大を図るという。事業者・個人の遊休スペースの収益化、本業誘客などによる収入確保、不足する駐車場の確保、違法駐車・渋滞の解消など、社会課題の解決に貢献する。また、ユーザーとオーナーの双方にさらなる安心・安全を提供することを目指し、予約制駐車場やMaaS領域におけるリスクの調査や保険・サービスの研究開発を進める。

「駐車場」は、交通領域におけるシェアリングやMaaSの進展を支える上で不可欠な要素の1つ。近年は時間貸駐車場に加え、空きスペースを有効活用したい人と確実にクルマを止めたい人をマッチングする予約制駐車場サービスの利用も増加している。しかし、イベント開催時の会場、駅周辺、住宅地など、駐車場が不足しているエリアが数多くあり、駐車場を探すためのうろつき走行による渋滞や路上駐車などの問題も発生。タイムズ24の予約制駐車場サービスと、東京海上日動の保険・サービス・ネットワークが相乗効果を発揮することで、不足する駐車場の確保をはじめとする社会課題の解決や、利用者の安心・安全や利便性の向上につなげたい意向だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  2. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  3. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  4. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  5. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る