三井住友海上、NASA等の衛星観測データを活用した「天候デリバティブ」の世界販売を開始

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、12月から、国内損保として初めて、NASA等の衛星観測データを活用した「天候デリバティブ」の世界販売を開始sする。

近年、世界的な気候変動の進展に伴い、海外進出企業を中心に天候リスクのヘッジニーズが高まっています。同社は、世界の天候リスクを扱う100%子会社「MSI GuaranteedWeather社(米・カンザス州、以下「MSIGW社」)を通じ、北米・欧州等で天候デリバティブを販売してきたが、今般、顧客の事業拠点ごとのリスク実態に合わせた商品を設計するため、NASA等の衛星観測データを活用する体制を整えた。

これにより、精緻な地上観測データが取得できないなどの理由から、従来は引き受けが 困難であった地域でも、天候デリバティブの提供が可能になった。  三井住友海上では、アジア・南米・オセアニアなどを含む、全世界における天候デリバティブの販売を通じて、企業の顧客の海外進出を支援していく。

1.天候デリバティブの概要  お客さまとMSIGW社(※)との間で、天候リスクのヘッジを目的としたデリバティブ取引を行う。  ※2007年に設立した当社の100%出資子会社。気象学に基づく知見を活かし、北米・欧州を中心に天候デリバティブや天候指数保険を販売している。

2.想定される主な活用例  (1)鉱山開発事業:降雨による工期遅延リスクのヘッジ  (2)養殖事業:海水温上昇による生育不良リスクのヘッジ  (3)電力小売業:猛暑・冷夏による販売変動リスクのヘッジ など

3.背景と目的  企業活動に関わる天候リスクは、降雨による工期遅延リスクや海水温上昇による生育不良リスクなど、業種ごとにさまざま。企業の海外進出が進むにつれ、世界中で天候リスクへの備えが求められるようになったが、「観測地点が遠方にあるため、精緻な商品設計が困難」「既存の指標では対応できない」「データが計測されておらず、商品設計ができない」などの理由から、これまでは日本国内や北米、欧州での引き受けが中心だった。

そこで、多様化するお客さまニーズに応えるため、NASA等の衛星による「物を触らずに調べる 技術(リモートセンシング)」を活用した引受体制を整え、日系の海外進出企業等を対象に天候デリバティブを全世界で販売することにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る