日本生命が4月14日から、全国の営業職員による販売を自粛  

新型コロナウイルス感染症の拡大が、生命保険会社の対面募集に影を落としている。

日本生命は4月14日から、緊急事態宣言が発令されていない地域を含む、全営業拠点で営業職員(ニッセイ・トータルパートナー)による訪問を自粛することを明らかにした。

約5万2000人の営業職員は全員、在宅勤務となる。

さらに、来店型店舗であるニッセイ・ライフプラザも、全国の店舗を休業させることを明らかにしている。

住友生命も15日から同様の対応をすると決定。第一生命や明治安田生命は現在、対応を検討中という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る