テーペックで新型コロナウイルス感染者発生

電話相談事業などを行うテーペックは3月27日、同社の大阪メディカルコールセンター(大阪府大阪市)に勤務している従業員1名が新型コロナ ウイルスに感染していることが判明した、と発表した。

「当該従業員は電話対応のみを業務としており直接 お客様と接する業務には従事しておりません」と同社では発表。 感染の拡大を防止するため、大阪メディカルコールセンターを3月27日から2 週間、閉鎖するという。ただコールセンター自体は複数のほかの拠点で対応して継続する。

コールセンターは大人数が同じフロアに集まり、電話対応業務をしており、隣同士の席も近い場合も多い。さらに、声を出す仕事のため、空気感染する感染症が広がりやすい環境下にある。大企業になれば、コールセンターの人員は数百人にも上り、一度感染者が確認されれば、ティーペックのように稼働を停止せざるを得ない状況に追い込まれる。感染拡大防止は大きな課題になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る