アイペットがペットの支出に関する調査、4人に1人が「年間支出」が増加

アイペット損害保険は、犬・猫飼育者1025人を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施した。2019年と2018年の比較では、約4人に1人は年間支出が「増えた」と回答した。その一方で、「変わらない」と回答した犬飼育者は7割超をに上った。また、ペット関連支出が増えた要因のトップは「病気やケガの診療費」であることが改めてわかった。

2019年のペット関連の年間支出は、犬飼育者が「5万円以上~10万円未満」、猫飼育者は「5万円未満」が最多となった。年間のペット関連支出では、ペット飼育者の約71%が「変わらない」と回答する一方、犬飼育者の24%、猫飼育者の約26%が「増えた」と回答した。

年間のペット関連支出が前年と比較し「増えた」と回答したペット飼育者に、「何にかける支出が増えたのか」を尋ねたところ、犬飼育者の約55%、猫飼育者の約43%が「病気やケガの診療費」をトップに挙げた。

昨年と比較して年間のペット関連支出が「増えた」と回答した犬飼育者の約27%、猫飼育者の約25%が1万円以上~3万円未満の範囲で増額と回答。なお、猫飼育者の場合、5000円以上~1万円未満も同率となった。

年間のペット関連支出の中で一番支出額が大きいと感じるものを尋ねたところ、犬飼育者の約40%、猫飼育者の約47%が「病気やケガの診療費」と回答した。ただ第2位に着目すると、犬と猫の飼育者の支出傾向に違いがみられた。犬飼育者は「ワクチン・健康診断などの予防費用」が約27%、猫飼育者は「フード・おやつ」が約31%となった。それぞれの項目で2倍以上の差がついていた。

 

また、「ペットが高齢になった際に何に一番お金がかかると思いますか?」と尋ねたところ85%以上のペット飼育者が「病気やケガの診療費」と回答した。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る