テレマティクス保険の開発競争本格化 損保ジャパン8月から発売

損保ジャパン日本興亜が2017年8月から、安全運転度合いを自動車保険料に反映させたテレマィクス保険を発売する。運転特性を考慮した「運転挙動反映型」のテレマティクス保険については、あいおいニッセイ同和損保が今年10月以降の発売をつい先日発表したばかりだが、損保ジャパン日本興亜はそれに先んじて8月から発売を予定しているという。これが実現すれば、日本初の運転挙動反映型のテレマティクス保険となりそうだ。しかも、同社の仕組みでは、ドライブレコーダーや車載機などではなく、誰もが持っている普通のスマートフォンを活用するという。

同社が発売する新自動車保険(テレマティクス保険)活用の流れは以下だ。

1.カードナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」を各自がダウンロードする。

2.アプリで一定期間の「運転診断」を実施。する。独自のアルゴリズム、データ・クレンジング技術などにより、ドライバー本人の走行データであることを特定し、運転特性分析が行われる。

3.適用可能な割引率(最大20%)と割引の適用可能時期をアプリ上に表示する。

4.損保ジャパン日本興亜で新たに自動車保険契約を締結した際に保険料割引が適用される。

ポイントは、初めて自動車保険に加入する場合とセカンドカーの自動車保険に加入する場合だけが対象ということだ。

現在、損保ジャパン日本興亜に加入している自動車保険の契約者は、安全運転の割引の恩恵が受けられない可能性が高いということは注意すべき点だろう。

あいおいニッセイ同和損保の「運転挙動反映型」自動車保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る