テレマティクス保険の開発競争本格化 損保ジャパン8月から発売

損保ジャパン日本興亜が2017年8月から、安全運転度合いを自動車保険料に反映させたテレマィクス保険を発売する。運転特性を考慮した「運転挙動反映型」のテレマティクス保険については、あいおいニッセイ同和損保が今年10月以降の発売をつい先日発表したばかりだが、損保ジャパン日本興亜はそれに先んじて8月から発売を予定しているという。これが実現すれば、日本初の運転挙動反映型のテレマティクス保険となりそうだ。しかも、同社の仕組みでは、ドライブレコーダーや車載機などではなく、誰もが持っている普通のスマートフォンを活用するという。

同社が発売する新自動車保険(テレマティクス保険)活用の流れは以下だ。

1.カードナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」を各自がダウンロードする。

2.アプリで一定期間の「運転診断」を実施。する。独自のアルゴリズム、データ・クレンジング技術などにより、ドライバー本人の走行データであることを特定し、運転特性分析が行われる。

3.適用可能な割引率(最大20%)と割引の適用可能時期をアプリ上に表示する。

4.損保ジャパン日本興亜で新たに自動車保険契約を締結した際に保険料割引が適用される。

ポイントは、初めて自動車保険に加入する場合とセカンドカーの自動車保険に加入する場合だけが対象ということだ。

現在、損保ジャパン日本興亜に加入している自動車保険の契約者は、安全運転の割引の恩恵が受けられない可能性が高いということは注意すべき点だろう。

あいおいニッセイ同和損保の「運転挙動反映型」自動車保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)は5月1日から、1泊2日以上の入院で一時…
  3. 第一生命は全国の幼児・児童(保育園・幼稚園の園児、小学校1〜6年生)を対象に、「大人になったらなりた…
  4. 新型コロナウイルス感染拡大によって、将来への家計への不安は増大しているようだー。 明治…
  5. 損保ジャパンは4月23日、シェアリングエコノミー業界で初めての被害者補償型保険である「スペースシェア…
  6. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  7. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  8. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  9. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  10. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る