アフラック、「新型コロナ」対策を支援 医療機関・従事者に5億円を寄付

アフラックは、新型コロナウイルス感染症への対応に尽力している全国の医療機関および医療従事者の支援を目的に、公益財団法人日本医師会などに合計5億円を寄付することを決定した。

寄付先は、日本医師会が3億円、同社のコールセンターなど契約サービス部門がある自治体(調布市・大阪府・神戸市)や自治体が設立した基金が2億円となる。

同社は「新型コロナ対応が長期化する中、感染症の治療および感染拡大防止のために、医療の最前線で献身的に活動している全国の医療機関および医療従事者の方々に心から敬意を表します」とコメントを発表した。

アフラックのニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  2. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  3. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  4. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  5. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る