第一生命HDが連結業績予想を大幅下方修正

第一生命ホールディングス(HD)は4月1日、2020年度3月期の通期業績予想を修正した。海外金利の低下や持分法適用会社の株価の大幅な下落に伴うもので、2019年5月に発表した期初予想から、経常利益・純利益ともに約2000億円下落させた。コロナウイルスの蔓延による市況の混乱を受けてのものと見られる。

具体的には第一フロンティア生命の市場価格調整にかかわる責任準備金の繰入負担が、海外金利の影響を受けて1605億円増加する見込みに加え、持分法適用会社である米国ジャナス・ヘンダーソングループの株価の大幅な下落に伴う有価証券の額の減少にかかわる「その他経常費用485億円」を計上する見込みであることが主因だ。

ただし株主還元の原資であるグループ修正利益(約2400億円)についての修正はないうえ、配当予想も1株あたり配当金62円から修正していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る