三井住友海上とあいおいニッセイ同和が新規契約者専用の「はじめての自動車保険」「パーソナル自動車保険」を10月から発売

新規契約専用&借りたクルマ専用の自動車保険

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害保険は、若年者層のカーライフに合わせた2つの自動車保険を共同開発し、2015年10月1日以降始期契約から販売開始する。 初めて自動車を保有する方を対象とした 「新規契約専用の自動車保険」と、自動車を保有しない方を対象とした「借りた自動車専用の自動車保険」 の、2つの新たな自動車保険を開発した。

少子高齢化の進展に伴う若年者層の人口減少に加え、自動車を保有する若年者も減少傾向にある。こうした若年者層のカーライフの変化に対応するために、新商品の販売を通じて若年層のカーライフをサポートするとともに、安心・安全な自動車社会の実現に貢献していく。

「新規契約専用の自動車保険」の概要

(1)商品名

三井住友海上 :「はじめての自動車保険」   あいおいニッセイ同和損保 :「パーソナル自動車保険」

(2)加入対象者

初めて自動車を保有する方

(3)新商品の特長

① 安心で分かりやすい補償

基本的な補償をベースに「車両保険」等の補償有無を選択するシンプルな補償とすることで、 分かりやすく安心な商品構成としている。

② 加入しやすい保険料

既存商品と比較して保険料を割安にするなど、新規契約者が加入しやすい保険料水準を実現した。

③ 初めて自動車保険を契約する方を対象とした割引制度

「借りた自動車専用の自動車保険(下記2.ご参照)」の加入実績や事故歴に応じて「新規契約専用の自動車保険」を割引く制度を設ける(注)。

(注)「新規契約専用の自動車保険」以外の商品であっても、割引の適用条件(初めて自動車保険に加入)を満たす場合は、割引が適用される。

2.「借りた自動車専用の自動車保険」の概要

(1)商品名

三井住友海上 :「1DAY保険」   あいおいニッセイ同和損保 :「ワンデーサポーター」

(2)加入対象者

友人・知人等の自動車を借りて運転する方

(3)新商品の特長

① 24時間単位で合理的な保険

1回の契約の保険料が約500円~(予定)で、補償開始(始期日時)から24時間補償されるなど、加入しやすく合理的な保険。

② 簡便な契約手続き

スマートフォンから簡単に契約手続きを行うことが可能。1回の申込みで運転者4人まで指定でき、保険料はスマートフォンの利用料金と合わせて支払える。

③ お得な割引制度

2回以上契約した場合に2回目以降の保険料を割引く「2回目から割引」や、借りた自動車を交替で運転するようなケースで、複数の運転者を1回の契約でまとめて補償する場合に2人目からの運転者に対する保険料を割引く「2人目から割引」を設けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. ライフネット生命は 4 月 1 日から、セブン&アイグループの金融事業を担うセブン・フィナンシャルサ…
  2. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  3. 東京海上日動は2020年3月から、国内企業とその国内外連結対象子会社を対象とした、テロ・破壊行為など…
  4. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年4月1日(水)より、主力商品である「未来のとびら…
  5. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  6. 住友生命は3月24日から、同社として初めて、認知症保険を発売する。商品名は「認知症PLUS」。認知症…
  7. 日本生命は4月2日から同社として初めてとなる認知症保険を発売する。認知症の前段階の「軽度認知障がい(…
  8. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
  9. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  10. [caption id="attachment_2373" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る