ソニー損保がきょうから「やさしい運転」で保険料がキャッシュバックされる日本初の自動車保険を発売―午前9時から見積り・申込み受付

無題ダイレクト系損保最大手のソニー損害保険(東京都大田区、丹羽淳雄社長)は、急発進・急ブレーキの少ない「やさしい運転」をすると保険料が戻る自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」の発売をいよいよ開始する。2月23日(月)9時から、同保険の「専用ホームページ」で見積もりと申し込みの受付をはじめる。

この商品は、「急発進や急ブレーキが少ないスムーズな運転をしている人は自動車事故のリスクが低い」という同社の独自調査結果に基づいて、運転時の加速や減速の発生状況(運転特性)を保険料に反映させた日本で初めての自動車保険。ソニー損保が無料で貸与する小型計測器(ドライブカウンタ)で、加速や減速などの運転特性を測定し、その結果(点数)に応じて保険料がキャッシュバックされる仕組みだ。

ドライブカウンタの装着イメージ

ドライブカウンタの装着イメージ

ソニー損保は2014年11月に同保険の開発を発表して以後、同社のウェブサイトで「30日間無料トライアル」の受付を開始。小型計測器(ドライブカウンタ」を申し込みがあった約5000人に無料で貸し出して、どのぐらいキャッシュバックされるか効果を実感してもらう取り組みを続けてきた。

同社は、「やさしい運転キャッシュバック型」申込受付専用ページ(=下記画像)で、同保険の見積もりと申し込みを開始。「30日間無料トライアル」も引き続き受け付けている。

 *「やさしい運転」を実際にやってみた人の体験談はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る