AIUと富士火災の合併は2018年1月1日に決定!

経営統合の準備を進めてきたAIU損害保険と富士火災はこのほど、両社の合併日を2018年1月1日に決定した。同日付けでAIG損害保険会社が誕生する。AIG損保の代表取締役社長兼CEOには、現在AIUのケネス・ライリーCEOが就任する予定だ。

合併に先立ち、2017年4月1日から、両社の役職員の相互兼務による前倒しの一体化運営を開始する。両社の執行役員が両社を兼職することで指揮命令系統を一本化するとともに、両社の取締役会や経営会議、委員会などの枠組みを新会社と同一にする。

ただし、保険契約や事故対応については従来と変わることなく、統合まではAIUと富士火災のそれぞれが個社として対応する。

AIG損保は国内最大の外資系損害保険会社として、日本における新たな保険の在り方「アクティブケア」を提唱している。具体的には個人・中小企業・大企業それぞれの顧客のリスクを認識して予防するためのサービスを展開し、従来の保険商品を超えた統合的ソリューションを提供することを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る