(告知)三井住友海上 企業と生物多様性に関するシンポジウムを2月24日に開催

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上は、2月24日に企業と生物多様性に関するシンポジウム「企業が語るいきものがたりPart8」を開催する。

同シンポジウムは2007年から毎年度開催しており、今回は8回目。昨年10月に韓国のピョンチャンで開催されたCOP12(生物多様性条約第12回締約国会議)の成果と課題、愛知目標の達成状況を踏まえ、企業に期待される役割・行動について考えていく。また、分科会では企業の関心が高い3つのテーマ「企業緑地を活用した生物多様性保全」、「生物多様性に配慮した持続可能な原材料の利用」、「生物多様性から見た国土保全」について、企業の取組事例などを紹介する。

同社は、「今後も『一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)』への参加をはじめとして、生物多様性の保全活動を推進していく」としている。

シンポジウムの概要

主催:三井住友海上火災保険

後援:環境省、経団連自然保護協議会

特別協力:一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)、株式会社インターリスク総研

日時:2015年2月24日(火) 13:30~17:30

場所:三井住友海上 駿河台ビル(千代田区神田駿河台3-9)

□参加費:無料

□定員:200名(先着順)

□締切日:2月13日(金)必着

□問い合わせ先:三井住友海上火災保険株式会社 総務部 地球環境・社会貢献室(倉持氏・秋葉氏)

TEL:03-3259-1329 E-mail:kankyokoken@ms-ins.net

 

「企業が語るいきものがたりPart8」(2月24日開催予定のプログラム)

<第1部>(13:40~14:50)

・COP12(生物多様性条約第12回締約国会議)の論議内容、成果と課題、愛知目標の達成状況を踏まえて企業に期待される役割・行動

<第2部>企業の具体的な取り組みに関する3つの分科会(15:05~16:40)

分科会1:企業緑地を活用した生物多様性保全

分科会2:生物多様性に配慮した持続可能な原材料の利用

分科会3:生物多様性から見た国土保全

昨年開催の「企業と生物多様性に関するシンポジウム」の様子

昨年開催の「企業と生物多様性に関するシンポジウム」の様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  2. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  3. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  4. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  5.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  6. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  7. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  8. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  9. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  10. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
ページ上部へ戻る