楽天生命と第一生命が業務提携

大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命は4月23日、業務提携について基本合意したことを発表した。

業務提携の内容は主に2つ。一つは楽天市場の出店企業向けのサービスの一環として、出店者および出店者従業員に向けた第一生命グループの保険商品を、楽天生命を通じて紹介・販売すること。具体的には、第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命が楽天市場の出店企業向けにカスタマイズした保険を、楽天生命の営業組織が、同企業の顧客向けに紹介・販売する。金融庁の認可を前提に、2018年のうちに開始する計画だ。

もう一つは、先端技術やサービスに関する調査・研究などの共同研究だ。楽天グループと第一生命グループの持つリソースを踏まえて、両社が国内外に有するテクノロジーおよびスタートアップ企業とのネットワークを生かして、新たな商品・サービス開発に資する共同研究を検討していく。

楽天生命は国内最大のEコーマース「楽天市場」を中心に70を超える事業を幅広く展開する楽天グループの一員として、インターネットやモバイルなどを通じた保険販売で、同グループ会員に対して保障を提供している。さらに、楽天市場などEコマース分野を中心に培われた楽天グループのデータ分析の強みを生かして、先端的な技術研究を実務の両面から、革新的な生命保険商品・サービスの開発に取り組んでいる。

第一生命グループは今年度から新たにスタートした中期経営計画「CONNECT 2020」で、業種や業界の垣根を超えて複数の企業・団体が共存共栄する仕組みを目指して、外部の知見やアイディアを活用しながら、生命保険事業のイノベーション創出に取り組んでいる。加えて、マーケティングの強化、商品・サービスの拡充、販売チャネルの高度化・多様化を重点分野に位置づけている。

両社は商品供給分野で第一生命グループの強みである経営者保険や貯蓄性保険などを、楽天グループの顧客基盤に向けて展開する計画を掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  2. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  3.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  4. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  5. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  6. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  7. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  8. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  9. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
ページ上部へ戻る