楽天生命と第一生命が業務提携

大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命は4月23日、業務提携について基本合意したことを発表した。

業務提携の内容は主に2つ。一つは楽天市場の出店企業向けのサービスの一環として、出店者および出店者従業員に向けた第一生命グループの保険商品を、楽天生命を通じて紹介・販売すること。具体的には、第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命が楽天市場の出店企業向けにカスタマイズした保険を、楽天生命の営業組織が、同企業の顧客向けに紹介・販売する。金融庁の認可を前提に、2018年のうちに開始する計画だ。

もう一つは、先端技術やサービスに関する調査・研究などの共同研究だ。楽天グループと第一生命グループの持つリソースを踏まえて、両社が国内外に有するテクノロジーおよびスタートアップ企業とのネットワークを生かして、新たな商品・サービス開発に資する共同研究を検討していく。

楽天生命は国内最大のEコーマース「楽天市場」を中心に70を超える事業を幅広く展開する楽天グループの一員として、インターネットやモバイルなどを通じた保険販売で、同グループ会員に対して保障を提供している。さらに、楽天市場などEコマース分野を中心に培われた楽天グループのデータ分析の強みを生かして、先端的な技術研究を実務の両面から、革新的な生命保険商品・サービスの開発に取り組んでいる。

第一生命グループは今年度から新たにスタートした中期経営計画「CONNECT 2020」で、業種や業界の垣根を超えて複数の企業・団体が共存共栄する仕組みを目指して、外部の知見やアイディアを活用しながら、生命保険事業のイノベーション創出に取り組んでいる。加えて、マーケティングの強化、商品・サービスの拡充、販売チャネルの高度化・多様化を重点分野に位置づけている。

両社は商品供給分野で第一生命グループの強みである経営者保険や貯蓄性保険などを、楽天グループの顧客基盤に向けて展開する計画を掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る