タグ:損害保険

  • 大手損保に「損害サービス高度化」の潮流 AI活用し事故状況再現

    [caption id="attachment_3442" align="alignleft" width="300"] 三井住友海上が自動車保険の付帯サービスとして提供するドライブレコーダー[/caption] …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三井住友海上が畜産農家を支援、牛の疾病の早期発見と補償提供

    三井住友海上とデザミスは、デザミスが開発した牛の行動モニタリングシステム「U-motion」に保険を付帯した「牛の診療費補償サービス」の提供を開始した。U-motion による牛の疾病・事故の早期発見に加え、畜産農家が負…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SOMPOホールディングスがロイズ市場から撤退

    SOMPOホールディングスは世界最大級の保険市場を運営する英ロイズ保険組合から2020年12月末に撤退する。傘下の海外持ち株会社SOMPOインターナショナル(SI)がロイズのシンジケートを通じた保険の引き受けを終了し、2…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三井住友海上が国内災害リスク移転で、キャットボンド発行 シンガポールの投資家に

    三井住友海上は、 国内の自然災害リスクを対象とする大災害債(以下、「キャットボンド」)「Akibare Re 2020-1」をシンガポールで発行した。アジアの損保会社としてシンガポールでキャットボンドを 発行するのは初め…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 損保ジャパンがコールセンターにAI活用の音声自動応答システムを導入

    損害保険ジャパンは、「自賠責お客さまサポートデスク」において、伊藤忠 テクノソリューションズが提供する「電話受付における AI を使用した音声認識自動応答システム「CTC-AICON(シーティーシーアイコン)」 を3月に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る