カテゴリー:ニュース

  • 東京海上日動が7月から医療通訳サービス開始

    東京海上日動は、7月から医師賠償責任保険の契約・加入者を対象に、メディフォン株式会社が運営する医療通訳サービスの提供を開始する。電話を通じて医療専門通訳者が、診察室における外国人患者との会話やインフォームドコンセント、受…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 損保ジャパン、社員の自動車事故対応研修にVR活用

    損保ジャパンは、自動車保険の事故対応時の顧客対応の品質向上を目的に、VR(Virtual Reality)による社員向け教育ツールを開発し、6月から活用している。VRの活用によって、疑似体験による高い臨場感や復習効果の高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カーディフが対話型オンラインツール開発、静岡銀行に提供

    カーディフ生命とカーディフ損保は、銀行の住宅ローンを利用予定の顧客向けにその仕組みや商品、団体信用生命保険などを動画で紹介するツール「ローンスマートナビ」を開発し、7月1日から静岡銀行に提供する。顧客は、仮審査申込後、ス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カーディフ、保険金・給付金のオンライン請求サービス開始

    カーディフ生命とカーディフ損保は、ウェブサイトから保険金・給付金の請求連絡が行えるサービスを6月24日から始めた。カスタマーサービスセンターの営業時間外でも、顧客は自身の都合に合わせて24時間いつでもスマートフォンやパソ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2019年度の損保業界、収入保険料は前年度比増の8.6兆、支払保険金は2年連続5兆円超に。

    日本損害保険協会は、協会加盟会社(28社)の2020年3月期決算概況を取りまとめ、6月26日に発表した。それによると正味収入保険料は、火災保険や自動車保険の増収などで、平成30年度に比べ2.6%(2,166億円)増加して…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る