カテゴリー:ニュース

  • カーディフが対話型オンラインツール開発、静岡銀行に提供

    カーディフ生命とカーディフ損保は、銀行の住宅ローンを利用予定の顧客向けにその仕組みや商品、団体信用生命保険などを動画で紹介するツール「ローンスマートナビ」を開発し、7月1日から静岡銀行に提供する。顧客は、仮審査申込後、ス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カーディフ、保険金・給付金のオンライン請求サービス開始

    カーディフ生命とカーディフ損保は、ウェブサイトから保険金・給付金の請求連絡が行えるサービスを6月24日から始めた。カスタマーサービスセンターの営業時間外でも、顧客は自身の都合に合わせて24時間いつでもスマートフォンやパソ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2019年度の損保業界、収入保険料は前年度比増の8.6兆、支払保険金は2年連続5兆円超に。

    日本損害保険協会は、協会加盟会社(28社)の2020年3月期決算概況を取りまとめ、6月26日に発表した。それによると正味収入保険料は、火災保険や自動車保険の増収などで、平成30年度に比べ2.6%(2,166億円)増加して…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MS&AD3社が新たな中小企業向けサイバーリスク診断サービス

    MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研の3社は、6月25日からベライゾンジャパン合同会社と共同で開発した新たな中小企業向けサイバーリスク診断サービスの提供…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第一生命、AI-OCR基盤導入で事務処理をオートメーション化

    第一生命は、7月より保有契約の手続処理(保全)領域にAI-OCR基盤を導入する。請求書など同社所定の帳票のみならず、病院が発行する診断書や本人確認書類である健康保険証といった非定型帳票含め、約700種類の帳票を自動的に読…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る