カテゴリー:保険ニュース

  • あいおいニッセイ同和 医療機関向け取引信用保険の販売開始

    MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解決策の一つとして「医療機関向け取引信用保険」の販売を開始した。 具体的には、病床数200以上の医療機関を対象に、患…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あいおいニッセイ同和損保がビッグデータ解析・AI事業強化

    あいおいニッセイ同和損保はテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)と資本業務提携し、ビッグデータ解説やAI(人工知能)事業に共同で取り組む。あいおいはTDSEに5600万円、持ち株比率7.96%出資する。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本生命、ヘルスケア事業本格展開 ビッグデータ本格活用

    日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企業・団体・健保・共済組合向けに「ニッセイ健康増進コンサルティングサービス」を2018年4月から提供する。サービス開発に当…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東京海上日動 生活習慣病の発症率予測サービス開発

    東京海上日動(北沢 利文社長 )は、個人の生活習慣をもとに、10 年後の生活習慣病の発症率を予測可能な Web サービス(からだ予測ナビ生活習慣病編)を開発した。国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜 斉理事長)の研…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • かんぽ生命がIBMの人工知能(AI)ワトソンを導入

    かんぽ生命は保険金支払審査業務で、日本アイ・ビー・エムの人工知能(AI)ワトソンを導入することを発表した。狙いは、顧客サービスの充実と品質向上、業務効率化などで、査定担当者の判断支援を行う。 かんぽ生命とIBMは、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの記事

  1. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  2. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  3. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  4. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  5.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  6. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  7. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  8. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  9. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  10. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
ページ上部へ戻る