hokennews一覧

  • ソニー生命が入院・手術給付金額の概算を確認できるツール開発

    ソニー生命保険(社長 萩本 友男)は3月31日に、ホームページに入院や手術の給付金額の概算を確認できる『給付金請求サポートツール』をリリースした。 「入院や手術をした場合にどれくらいの給付金が支払われるのか簡単…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「あるく保険」って何? 2年間平均8000歩で還付金

    東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付する医療保険「あるく保険」を発売することを明らかにした。2017 年8 月2 日(水)から一部ドコモショップで先行販売し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 標準生命表の改定で保険料はどうなる?

    生命保険各社が加盟する公益社団法人日本アクチュアリー会は2018年4月に「標準生命表」を改定する。2007年以来、実に11年ぶりとなる改定だ。平均寿命は2007年と比べ、男女とも1歳以上伸び、全年齢で死亡率が減少している…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • テレマティクス保険の開発競争本格化 損保ジャパン8月から発売

    損保ジャパン日本興亜が2017年8月から、安全運転度合いを自動車保険料に反映させたテレマィクス保険を発売する。運転特性を考慮した「運転挙動反映型」のテレマティクス保険については、あいおいニッセイ同和損保が今年10月以降の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 生保会社に貯蓄性保険の契約申し込み殺到

    標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録しています」―。 ある中堅生命保険会社の担当部長は標準利率の改定前に発生した「駆け込み需要」の実態をこのように話す。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの記事

  1. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  2. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  3.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  4. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  5. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  6. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  7. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  8. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  9. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
ページ上部へ戻る