三井住友海上が防災対策に「ドローン」活用

三井住友海上は30日、小型無人機「ドローン」を活用した企業向けのリスクコンサルティング業務を9月から始める方針を明らかにした。ドローンが撮影した上空からの映像を基に、工場や倉庫の建設予定地などの防災・減災対策の提案などに応用する方針だ。

企業向け保険に強みを持つ同社は、倉庫・工場などの風水害に対するリスク分析を行うほか、工事の進捗管理などにも活用していく。

損保業界では、事故や災害時の損害査定業務にドローンを活用する動きが出てきているが、コンサルティングに活用するのは同社ならではだ。空撮による事前調査は、ヘリコプターを使用すると100〜200万円の費用がかかる。ドローンの活用で2万~3万円にコストを削減できるほか、撮影時間も30分程度で済む。

同社は最新技術の活用により、中堅・中小企業の契約を拡大し、企業向け保険分野を強化する考え。年間50件の利用を見込んでいる。

リスク分野で活用した上で、当然ながら、企業向けの保険販売の提案につなげる考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  2. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  3. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  4. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  5.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  6. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  7. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  8. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  9. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  10. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
ページ上部へ戻る