チューリッヒが再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品の販売開始

メガソーラーに加え、新たに風力・バイオマス・地熱の発電設備へ対象を拡大

チューリッヒ保険は、2015年5月11から、メガソーラー(大規模太陽光)に加え、新たに風力・バイオマス・地熱の発電設備工事を対象とした、再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品の一般発売を開始する。

同社は、2014年9月よりメガソーラー発電設備工事向け保険商品の一般発売を開始していたが、対象出力10メガワット以上、風力のみ5メガワット以上(1メガワット=1,000キロワット)の再生可能エネルギー発電設備に対象を広げ、リスクをより広範囲に補償する。

政府は、2030年までに、太陽光や風力など再生可能エネルギーの比率を全発電電力量の22-24%とする見通しを示しており※、今後さらに再生可能エネルギー発電設備の建設需要の高まりが予測される。

同社は、再生可能エネルギー発電設備工事に関する顧客のリスクを包括的に補償するため、工事期間中の「組立保険」、「損害賠償責任保険」、「操業開始遅延保険」の3種類の保険をセットで販売する。すでに全世界で大規模プロジェクトの引受実績を持つ同社が、個別案件ごとのリスク評価に基づき、最適な保険を提案する。

【商品の特徴】

1. 工事中の事故が原因で操業開始が遅延した場合、最大24ヵ月まで、利益損害を補償する。これにより、事業者は経営計画に則り、事業を推進することができる。また、融資を行う銀行や投資ファンドは、投資のリスクが軽減できる。
2. 組立保険、操業開始遅延保険については、工事中の再生可能エネルギー発電設備に対する、地震・津波・噴火に起因する事故も補償の対象にすることができる。
3. 工事中の事故に起因する物的損害だけでなく、工事中に第三者に与えた人的・物的損害につき、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る