チューリッヒが再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品の販売開始

メガソーラーに加え、新たに風力・バイオマス・地熱の発電設備へ対象を拡大

チューリッヒ保険は、2015年5月11から、メガソーラー(大規模太陽光)に加え、新たに風力・バイオマス・地熱の発電設備工事を対象とした、再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品の一般発売を開始する。

同社は、2014年9月よりメガソーラー発電設備工事向け保険商品の一般発売を開始していたが、対象出力10メガワット以上、風力のみ5メガワット以上(1メガワット=1,000キロワット)の再生可能エネルギー発電設備に対象を広げ、リスクをより広範囲に補償する。

政府は、2030年までに、太陽光や風力など再生可能エネルギーの比率を全発電電力量の22-24%とする見通しを示しており※、今後さらに再生可能エネルギー発電設備の建設需要の高まりが予測される。

同社は、再生可能エネルギー発電設備工事に関する顧客のリスクを包括的に補償するため、工事期間中の「組立保険」、「損害賠償責任保険」、「操業開始遅延保険」の3種類の保険をセットで販売する。すでに全世界で大規模プロジェクトの引受実績を持つ同社が、個別案件ごとのリスク評価に基づき、最適な保険を提案する。

【商品の特徴】

1. 工事中の事故が原因で操業開始が遅延した場合、最大24ヵ月まで、利益損害を補償する。これにより、事業者は経営計画に則り、事業を推進することができる。また、融資を行う銀行や投資ファンドは、投資のリスクが軽減できる。
2. 組立保険、操業開始遅延保険については、工事中の再生可能エネルギー発電設備に対する、地震・津波・噴火に起因する事故も補償の対象にすることができる。
3. 工事中の事故に起因する物的損害だけでなく、工事中に第三者に与えた人的・物的損害につき、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)は5月1日から、1泊2日以上の入院で一時…
  3. 第一生命は全国の幼児・児童(保育園・幼稚園の園児、小学校1〜6年生)を対象に、「大人になったらなりた…
  4. 新型コロナウイルス感染拡大によって、将来への家計への不安は増大しているようだー。 明治…
  5. 損保ジャパンは4月23日、シェアリングエコノミー業界で初めての被害者補償型保険である「スペースシェア…
  6. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  7. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  8. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  9. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  10. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る